トップ / インプラント手術の安全性

インプラント手術の安全性

インプラントの安全性

インプラント治療を安全に行う

インプラント手術は、本来普通の虫歯と同じ麻酔で、無痛治療できるものです。一般的に安全性が高く安心して受けられる治療ですが、受ける方のコンディションによって最善のものとはならない場合もあるため注意も必要です。高齢の方はさまざまな治療が重なっていて複数の薬を飲んでいる場合が多いので、医師とよく相談することが必要です。インプラントでよく使用されるチタンはアレルギー反応の生じにくい金属ですが、心配な方は事前に皮膚科でアレルギーテストを受けておくこと主できます。

かぶせもの

外科的な要素を持つインプラント

インプラントは、外科的な要素を伴います。外科の手術前には、それに耐えられる体であるかどうかを確認します。インプラントの場合も同様で、土台となる歯茎が人工の歯根を定着させることができるかどうかを見極めて取り掛かることになります。その時、妨げとなる疾患は、糖尿病と骨粗鬆症になります。歯科医の判断だけでは難しい場合は、それらの疾患を専門とする掛かりつけの医師の診断を仰ぎ、安全性が確認された上で実施することになります。

↑PAGE TOP