トップ / 歯医者に通う習慣をつける

歯医者に通う習慣をつける

早期治療を歯医者で

歯医者は早めに行きましょう

虫歯になったり、歯肉炎や歯周病になった時に訪れるのが歯医者。そのため、痛い思いをさせられるという印象が強く、敬遠してしまっている人も多いと思います。しかし、歯が健康でなければ体のいろんな部分に影響を及ぼします。違和感を感じたらすぐに診てもらうべきです。症状がひどくなる前に治療を始めた方が、完治までの期間が短くて済みますし、痛みもましです。また、何か症状が出る前に定期的に歯医者に通うのも良いです。痛みを伴う治療を受けなければならないような状況にしないためにも、定期健診は受けましょう。

かぶせもの

予防歯科の重要性とは

予防歯科とは、虫歯になる前の予防を大切にすることで、歯とお口の健康を積極的に守るためのものです。歯を虫歯から守るためには、歯科医院などで行うプロケアと指導の元で行うセルフケアの両方が必要なので、定期的な健診が大切になります。最近注目されはじめておりますが、すでに欧米では定期的に診断を受けることが習慣になり、日ごろからの歯とお口の健康づくりを実践しております。虫歯予防の基本は、歯が生えはじめた時から歯の健康を考えることが大切です。歯を失うと生活の質が下がります。

↑PAGE TOP