トップ / 歯科が気をつける感染症

歯科が気をつける感染症

歯科で起きる感染症

歯科受診で感染症予防

定期健診の必要性があるのは、歯科受診を怠る事で重篤な疾患を引き起こす可能性があるためです。歯だけの問題ではありません。口腔内には多くの細菌が存在しています。歯茎に炎症が生じると出血を伴う場合があります。その出血部位から細菌が侵入し、肺炎、細菌性心内膜症という感染症を引き起こしてしまう場合もあります。女性の場合には胎児に影響を及ぼす可能性もあります。歯垢は歯石へと石灰化してしまうと、歯科受診をしなければ除去できなくなってしまいます。そのため常に毒素を出し続け、口腔内に悪影響を及ぼしてしまうため、日頃からのブラッシングが大切です。

かぶせもの

歯における感染症について

歯性感染症の原因は口の中に常在している細菌によるものです。細菌には様々な種類がありますが問題は量と毒性で、生体が機能バランスを崩し免疫が弱まった時に発症することが多くみられます。主な感染経路は虫歯や歯肉炎をきたしている部分とされており症状は炎症や膿瘍の形成などが挙げられます。免疫力の低下は身体の持つ持病とも深く関わっているともされていることから、体調を崩すことから始まる場合も多くあります。炎症は幅広い段階があり、歯科での治療はまずこの炎症を消炎させるための洗浄や抗菌剤の投与を行います。状態によっては、その後原因部分を取り除く歯科手術などをして再発や感染症が周囲へ広がることを制御する治療が行われます。

↑PAGE TOP