トップ / 歯科での被せ物の種類

歯科での被せ物の種類

歯科の被せ物の交換

歯科の被せ物は定期的に点検を

歯科で虫歯の治療の為に金属の被せ物を行うことがあります。虫歯が比較的軽い場合に行う治療方法ですが、その中に詰め物をしている場合が多く、また被せ物の周囲が虫歯になりやすいという事もあり、定期的に歯科医に行って、外して点検する必要があります。長年被せたままになっていると内部が腐食していても気づかずに穴が開いてしまったり、被せた金属と実際の歯の間にずれが生じてしまい、外れてしまう場合もあるからです。定期的に点検を行うことで、虫歯の進行を防ぎ、安心した状態で物が食べられるようになるので、忘れずに通院しましょう。

かぶせもの

歯の被せ物には種類がある

歯科で使用する歯の被せ物には種類があります。銀歯だけでなく白の素材で自然に見えるものもあります。セラミックであれば白く輝き見た目がとてもきれいです。前歯に利用すれば人前でも安心して大きな口を開けられます。そして銀歯と違って金属アレルギーの方も安心して利用できます。強度も強いので固いものを食べても問題ありません。銀歯が多くて口元が気になっているという方は歯科の治療時に白い被せ物にしてもらえば、気にならなくなります。銀歯が見えないように隠す必要もなくなりますし、自分に自信を持って会話を楽しめるようになります。

↑PAGE TOP